サイバー保険 No.1|企業が情報漏えいやサイバー攻撃の被害を受けた時、原因究明、事後対策、損害賠償、営業利益の補てんをするのがサイバー保険です。サイバー攻撃は、注意して対策しても被害を完全に防ぐことはできません。ですから、被害を受ける前提で、被害が発生した時にいかに被害を少なく、すばやく回復させるかという対策が重要です。大企業のようにセキュリティ対策に費用がかけにくい中小企業ほどサイバー保険を備えるべきです。調査のために業務を停止しなければならない経済的なダメージと、被害者であるにもかかわらず、企業ブランドイメージが低下するダメージを考えると、迅速な対応が求められます。対応へのサポートサービスも助かります。

サイバー攻撃による情報漏えい、システムダウン、データの消失など、中小企業が損害賠償責任を負ったとき、また、事業活動の停止になったとき に役立つ保険の情報です。

サイバー保険 No.1

サイバー攻撃の脅威やいろいろな保険の種類を知ってサイバー保険の加入を

フィット総合保険さんを利用することになったのはもともと工事保険がこれまでの半額以下になると聞いたからでしたが、ここではそれ以外にもいろいろな種類の保険を取り扱っていて、我が社で備えなければいけないことを聞いているうちにサイバー保険のことを知りました。

我が社はまだ起業して10年足らずの零細企業ですが、お陰様で地元では今や業界ナンバー3の位置まで成り上がってきて、建設事業の他にも不動産事業や飲食事業など多角経営をしているために年々取引先や顧客様が増えてその管理にはもちろんパソコンを利用しています。
サイバー攻撃という言葉は聞いていましたが、それは国家レベルや大企業が脅威を感じるものだと思っていて、まさか個人や我々零細企業にまで攻撃が及ぶとは思っていませんでした。

サイバー保険

さらにセキュリティー対策に費用をかけられない我々のような会社が攻撃を受けやすく、機密情報などはほとんどありませんが、顧客情報が漏れた時には最悪営業停止にもなりかねなくて、実際にサイバー攻撃によって会社が潰れた例もあることが分かり、それに備えたサイバー保険にも加入することにしました。

問題は保険料でしたが、工事保険同様にフィット総合保険さんでは無理なく加入できる料金設定となっていて、我が社に必要な特約などについても分かりやすく説明してくれて、今後も時代と共にいろいろな保険や特約も必要になると思いますので、定期的にご指導のほどどうぞよろしくお願いいたします。
これで大概のことはカバーできることが分かり今のところは安心です。

段落

サイバー保険

サイバー保険に加入する必要性を教えてもらえて

知り合いの社長さんからサイバー保険に加入したと聞いて、IT企業でもないのに何で?と思っていましたが、どこの会社でもパソコンを利用する今では、小さな会社でも万一の時に備えておかないと会社が簡単に吹っ飛ぶことにもなりかねないことをこの度フィット総合保険さんに教えてもらいました。
家に帰ってサイバー保険のことを妻に話すと、妻が働いている会社でも最近それ関係の保険に加入したことが分かり、急に心配になって翌日社内で議題にあげてフィット総合保険さんのお世話になりました。
きちんとサイバー攻撃の怖さや備えなければいけない事項について説明してくれて、弊社が加入するべき保険を予算に会わせて案内してくれました。
お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop